Wazeマップエディタ編集ガイド・その7〜ラウンドアバウトの作成方法〜

今月(2014年9月)より日本にも導入される予定の、ラウンドアバウトの作成方法を簡単にご説明いたします。

ニュース詳細: (http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140830/t10014211271000.html)

『ラウンドアバウト』とは、海外でよく見られる信号機のない丸い形の交差点です。
Wazeマップエディタでは、とっても簡単に作成する事が出来ます。

以下、作成方法です。




まず、こちらをご覧下さい。(海外の地図のため、日本とは車の進行方向が異なりますが、無視してください。)
衛星写真にはラウンドアバウトがありますが、マップエディタ上ではまだ作成されていません。








既に存在する、四つの道路の交わっている点をラウンドアバウトの中心にドラッグして移動します。道路のズレ等も衛星写真、もしくはGPS軌跡にそって、この際に修正しましょう。









マップエディタの右上の鉛筆アイコンから、「ロータリー」を選択します。










カーソルを中心に合わせ、衛星写真に合わせてドラッグしてラウンドアバウトの大きさを調整し、ドロップします。











ラウンドアバウト(時計回り)が作成されると、ラウンドアバウト内の道路は自動的に削除されます。また、ラウンドアバウトに接続する道路は、進行方向に沿って接続されます。









**注意**
Wazeマップエディタでは、ラウンドアバウトの道路名は、『道路名なし』にしてください。ラウンドアバウトの名前を指定する時は、場所(エリア)を用いて名前を指定してください。

以上、ラウンドアバウトの作成方法のご説明でした。
とっても簡単なので、お住まいの地域等で早速作成しましょう!
質問等、お気軽にコメント欄にご記入下さい。













No comments:

Post a Comment